散歩で筋力を付けて冷え性対策

代謝を高める事は冷え性改善に繋がる事であり、有酸素運動を行って代謝を高める事は有効ですが、筋トレによって筋力を付ける事によって代謝力が高まります。

冷え性の場合は手足の先端が冷えてしまう事に悩む方が多く、心臓から遠い位置にある足の先端は特に冷える部分でもあり、ウォーキングを行なったりスクワット等によって、むくみ退治や血流改善を行う事は有効です。

ウォーキングのような散歩で足を動かす事でポンプ的な役割を行いますから、足から心臓に血流も起こりますし、筋肉を鍛える事で血流が増えて冷え対策に効果的です。

散歩よりもさらに負荷をかけて軽いジョギングをリズミカルに行えば、より血流改善を促して筋力も高まり、冷え性改善に結びつきます。

チーム・バチスタ的立ち入り検査について

看護師に人気のテレビドラマ「チーム・バチスタ」を知っていますか。
シリーズを通じて、病院の立ち入り検査を主題としているドラマです。
やっぱり、自分の職場に関連しているだけに、すごく身近に感じるドラマのようです。
では実際の病院でも、「チーム・バチスタ」のようなチェックが行われることがあるのでしょうか。
実は「チーム・バチスタ」のように医療事故だけでなく、病院の安全対策や保険診療の是非などが、厚生労働省によってチェックされる場合があるのです。
しかも病院にとって厚生労働省のチェックは、非常に恐ろしいものだともいわれています。

育毛と発毛の違い

育毛剤と発毛剤の違いがいまひとつわかりません。
薬局で売っているものにも育毛剤と発毛剤がありますが、どのように違うのでしょうか。
まず、第一種医薬品であるものは、「発毛剤」です。
これは、副作用もある薬事成分が入っているため、薬剤師に相談して買うことになっています。
持病のある人は、独自の判断で使うことは避けるべきです。
このような医薬品のうち、濃度の高いものは、医師の処方が必要です。
その場合は健康保険がききませんので、自費になります。

育毛剤は、急激な発毛効果そのものがあるわけではありません。
いま現在生えている毛を健やかに保つのが目的です。
また、地肌にうるおいを与え、毛が健康な状態ではえてくるような下地を作ります。
医薬部外品も多いですが、ドラッグストアや通販で、薬剤師に相談することなく自由に買えます。
成分はマイルドで、副作用の心配はありません。
ただ、どの化粧品にも言えることですが、たまにアレルギー等を起こすこともあるので、かゆみなどが起きたら使用を中止することが重要です。

ドーピング検査などが行われるスポーツ選手は、医薬品の発毛剤を使うことはできません。
育毛剤でのケアを中心にすることになるでしょう。

脱毛器

光脱毛の器具がでているらしい。
ただ、光脱毛だけでなく、お肌にもいいらしい。
いわゆる美容整形などでおこなう、フォトフェイシャルの家庭版とのこと。

もちろん、医者が使うわけではないので、パワーは安全な範囲に設定されている。
実際、美容整形での施術は痛い。
レーザーよりは痛みはないが、日焼け後のヒリヒリ感に似ている。
でも、その分効果はあるようだ。

シミなどにもいいらしいが、細胞に刺激をあたえてコラーゲン生成を促進するので、シワやたるみにもよいらしいという。
自宅で手軽にできるなら試してみたい。
ちょっと高めだけど。

ダイエット広告の写真は…

ダイエット関係の商品を扱った広告を見ると、よく利用前と利用後の比較写真が載せられています。
こういうのを見ていると期待してしまいますよね。

俗にいうビフォアアフターというものです。
昔の広告だと、「どう見ても別人かな?」と思える写真もありました。
が、最近のものはそんなに極端なものはありませんね。
ただ、よく見ていると、使用前は太っているのが目立つ服装やポーズの写真が使われていて、使用後のものは痩せて見える服装やポーズで写っていたりします。
まあ、これぐらいだと過剰広告にならずに許せる範囲だと言えます。
ダイエット商品自体の質も昔と比べたら、かなり向上しています。
ですから実際にそれなりのダイエット効果が期待できるものが増えていると言えるでしょう。
これが別人のような詐欺広告が減った原因かもしれません

女は疲れる

男の人も会社で長時間労働をしていて大変ですが、実は女性も疲れます。
家事労働も「仕事」と考えると、働く女性が大半の家事をこなしている現状では、女性の労働時間はとても長いものになっています。
さらに、年齢とともに女性ホルモンが減少していき、体の変化が大きいのが女性です。疲れと加齢により、更年期障害の影響が強く出てしまう場合もあるでしょう。

しかし、それでも疲れがとれないのなら、休息が必要です。

そんなこといっても休めない、という方は、今日しなければならないこと以外は、明日以降に伸ばしましょう。
家事がたまってきたら、さすがに散らかし屋さんの夫や子供も手伝ったり、散らかさないよう気をつけるようになるのではないでしょうか。

細かいことは気にしないようにしましょう。
女性は、男性よりも細かいことによく気がつきます。
だから、よけいに気を使いすぎて、参ってしまうのです。
「気が利かない」と思われてもよいではありませんか。
自分の体第一に過ごすのが一番です。

お金に余裕があれば、自分にご褒美をあげるのはどうでしょうか。
ブランド品を買うのもよいでしょう。
また、エステでも、美容健康食品でもかまいません。

そして、元気にすごしましょう。

筋肉を増やす

筋肉をつけると消費カロリーが増えるといわれています。
だけど、ムキムキになる必要はありません。
あえて筋トレをしなくても、日常の工夫で筋肉を維持、増強できるはずです。
酵素サプリメントで基礎代謝をあげればさらに効果的です。
まず、歩き方。
意識して大股であるくとよいそうです。
これによって体全体が引き締まってくるのです。

また、お掃除などもこまめにするとよいでしょう。
力を入れて窓ガラスなどを磨けば腕の筋肉がつくこと間違いありません。
お部屋もキレイになるし、二の腕のだぶだぶもとれて一石二鳥です。

つま先立ちで歩くのも脚が引き締まっていいらしいです。
かかとを切り落とした専用のスリッパもありますね。
これなら台所でお料理しながら脚ヤセ可能です。

年齢肌

年齢肌という言葉。例のCMのせいでしょうか。年々定着しつつあるようです。
年齢がいくにしたがって肌のトラブルが増えてくるのは、要するにターンオーバーがきちんと
機能しなくなるからです。それが衰えとして肌にでます。
シミの場合はハイドロキノンという成分が効果的なのはよく知られている所です。
色素沈着の原因メラニンの生成を抑えるだけでなくメラニンそのものを消してくれるすぐれもの。
年齢肌にはまさにもってこいの成分と言えるだけに人気を博しています。

どうせならキレイに歳とりたい

たいていの人はこう考えます。
歳はとりたくないものだ。
しかし、否応なく年齢を経ていく自分の容姿を見るにつけ
それはかなわぬ願いだと分かるのです。
そうなると次善の望みを抱くようになります。
すなわち
歳をとるにしても、それをできる限り遅らせたい。
これこそがアンチエイジングという考え方の基本です。
歳をとるのは分かっているのです。
しかし、できるだけゆっくりと歳をとりたい。
それは人間である以上誰もが当たり前に持つ願いではないでしょうか。

敏感肌の悩み

肌がとりわけ敏感だと肌トラブルに見舞われがちになります。
アトピーとまでいかなくても、乾燥しがちの肌が原因のトラブルで
悩みが尽きないのです。
目の周りには眼輪筋があり、そこにかぶさっている皮膚は大変薄いのです。
薄いために、皮下の血行が悪いとすぐさま症状として現れます。
繊細さがあだとなってしまうわけです。
クマに限らず目袋から目じりの皺などもそういった症状の一つです。

更年期障害

更年期障害による不快症状は、様々ありますが、
その多くはホルモンバランスの崩れからきています。
大豆イソフラボンやプエラリアミフィカといった成分は女性ホルモンであるエストロゲンと
同等の働きをするので「女性ホルモン様物質」と呼ばれいます。
女性ホルモンと分子構造が大変にているために体内に摂取されると
女性ホルモンそっくりの働きをしてくれます。
食べ物やサプリをとることで女性ホルモンの不安定な要因を取り除き、更年期障害に伴いがちな不快症状から脱却しましょう。

秋の肌ケア

乾燥しがちなこの季節。
最近のトレンドはこれから冬にかけて、オールインのゲルが流行しています。
肌ケアがたった一つのクリームでOKという優れもので、
元々はドクターシーラボのアクアコラーゲンゲルが大ヒットしたことから
各社、それにならってオールインワンのゲルを発売しています。
たいていのゲルは、アクアコラーゲンゲルの半額ほどで、
シーラボのリピーターが、買っているのだとか。
秋冬はこのゲルで決まりです。